アラキドン酸は身体にどんなメリットがある?

アラキドン酸は身体にどんなメリットがある?

ビタミンが身体に不可欠なことは周知の事実でしょう。ビタミンといえば、AやB群、Cなどが有名です。そんな中、ビタミンFと呼ばれるものがあることをご存じでしょうか。

これは別名としてビタミンFと呼ばれていますが、実はアラキドン酸のことになります。アラキドン酸は最近注目されている栄養物質の一つです。不飽和脂肪酸のひとつで、牛や豚など動物性食品をはじめ、魚や卵、女性の母乳にも含まれています。アラキドン酸は人体で作ることができない物質なため、食品から摂取しなければなりません。

アラキドン酸が必要なわけは、脳とメンタルの発達に関わっているためです。記憶や言語力、など脳の中でも最も大切な部分に働きかけます。アラキドン酸が不足すると、胎児の場合、発育不良になります。アスペルガー症候群や自閉症などを予防したり、障害があっても軽度で済んだりします。脳以外でも、神経や免疫に働きかけるため、集中力がついたり睡眠の質を上げたりします。

また、アレルギーを予防したり血圧やコレステロールを正常にする効果もあり、すべての人に有効な栄養です。身体の不調はメンタルに影響します。アラキドン酸は幅広く身体に働きかけると言っても過言ではありません。毎日摂取することで、成長を促したり健康を維持したりできます。メリットばかりなので、ぜひ摂取するようにしてください。疲れがたまっている時にも有効でしょう。

▼またこちらのサイトにも詳しくアラキドン酸について書いてあるので参考にご覧ください。

↑ PAGE TOP